· 

ボーナス返済 アリo r ナシ どっちがオトク?

住宅ローンのボーナス返済はどうする?

 

した方がいいの?

 

メリットデメリットをわかりやすく解説していきます。

 

意外と知らないボーナス払いのデメリット


仮に、あなたが3500万円の住宅ローンを組んだとします。

 

≪借入条件≫

 借入金額 3500万円

返済期間     35年

元利均等返済

全期間固定1.2%

≪ボーナス払いなしの場合≫

月々の返済額 102,095円

≪ボーナス払いありの場合≫

3500万円借入(内600万円ボーナス払)

月々の返済額 84,593円
ボーナス月増額分返済額(6月/12月) 105,223円

その1.住宅ローンの総支払額が変わる!


ボーナス払いのありなしで、上記条件で35年間住宅ローンを払い続けた場合、総支払額に差が出てきます。

 

どれくらい差かというと▼▼▼

 

  住宅ローン総支払額
ボーナス払いなしの場合 42,880,056円
ボーナス払いありの場合 42,894,773円

 

≪ボーナス払いあり≫が、総支払額が高くなっていることがわかります。

その2.突然ボーナスが出なくなったら?


このご時世。

 

ボーナスが出続ければありがたいですが、突然ボーナスが出なくなることも考えられます。

 

住宅ローンでボーナス払いを選択していた場合、非常に苦しくなります。

 

そんな時すぐに

 

ボーナス払いやーめた!

 

とはできないので、注意が必要です。

支払い変更は可能?


まずは住宅ローンを組んでいる金融機関に連絡し、変更可能かどうか確認しましょう。

 

金融機関によっては、変更不可のケースも。

 

また、可能だったとしても所定の手数料が必要だったり、再度住宅ローンの審査が必要となります。

 

返済を延滞すれば、家を差し押さえられ、競売にかけられてしまう可能性もあります。

 

住宅ローンでボーナス払いを検討する場合、リスクについてもしっかり理解した上で判断しましょう!

\\新サービス開始//

プライベート住宅展示場ツアーサービスを開始しました。

☑展示場には行ってみたいけど営業がイヤ

☑とりあえずサクっとおうちを見てみたい

☑買うかどうか決まってないけどイメージしたい

 

詳細、お申込みはコチラ>>>

\個別相談も実施中/

 

☑勉強会は行ったが、そのままになってる!

☑一回おうちのこと整理したい。

☑勉強会では聞きにくい。

☑我が家の話を聞いてほしい。

 

あなたの考えを住宅購入カウンセラーがしっかりお聞きします。(初回無料)

 

ママだけでも、

夫婦でも、

子連れでもOK。

一度おうちのこと住宅購入カウンセラーとお話してみませんか?

 

→開催詳細はコチラ>>>

 

 

\You Tube チャンネル開設/

 

おうちの買い方相談室 大阪堺店YouTubeチャンネルできました!

▼おうちの買い方相談室動画はコチラ▼