· 

その土地ホントに大丈夫?

土地を買う際、どこを確認しますか?

 

大きさ?

 

広さ?

 

場所?

 

もちろんどれも大事です。

 

そして、もう一つ買う前に確認してもらいたいのが、その場所のハザードマップです。

 

ハザードマップってなに?


ハザードマップとは、被害予測地図(ひがいよそくちず)とも言います。

 

自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図にまとめたものです。

 

 

ただ、一口に自然災害といっても

 

・水害による浸水(河川の氾濫・堤防の決壊等)

・地震

・津波

・土砂災害

 

などたくさんあります。

 

気に入った土地が、もし自然災害に見舞われたらどんなリスクがあるのか。

 

事前に確認しておきましょう。

どこでわかるの?


 ハザードマップは国や地方公共団体が主に作成しています。

 

南大阪は以下まとめてみました。

(2020年8月現在)

 

堺市のハザードマップはコチラ▶▶▶

大阪狭山市のハザードマップはコチラ▶▶▶

富田林市のハザードマップはコチラ▶▶▶

河内長野市のハザードマップはコチラ▶▶▶

松原市のハザードマップはコチラ▶▶▶

羽曳野市のハザードマップはコチラ▶▶▶

 

他地域を調べたい場合、

ハザードマップポータルサイト」でも調べることもできます。

 

ぜひ活用してみてください。

 

▲わがまちハザードマップから「まちを選ぶ」で選択

水害リスク説明義務化


 これまでも、土砂災害や津波のリスクについては、住宅購入時に説明が義務付けられていましたが、

 

近年、水害リスクが多発していることから水害リスクについての説明が2020年8月28日から義務づけられます。

 

不動産業者は自治体が作成している水害ハザードマップを活用し、

 

物件の位置での浸水のリスク、近隣にある避難所の場所などを顧客に説明が義務付けられます。

 

おうちの買い方相談室 大阪堺店では住みたい場所が決まれば、先に危険性や避難場所をハザードマップで確認します。

 

住む前からその場所がどんな危険があるのか、また、避難場所を把握しておきましょう。

 

 

予想通り?2020年7月熊本人吉市での豪雨被害


2020年7月に起こった熊本での豪雨。

 

その際の、ハザードマップと実際の浸水被害をみてみましょう。

 

赤線で引いてみると、ほぼハザードマップ通り。

 

買付申込書

▲人吉市災害避難地図(ホームページより抜粋)

買付申込書

▲人吉市中心部の浸水深推定図(提供:国際航業)


本当に大事なことは?


 土地はどうしても決断が急かされます。

 

 

ただ事前に見ておくべきポイントが分かれば、負担が少し軽減されます。

 

おうちの買い方相談室 大阪堺店では、お客様の立場100%味方となり土地選びや価格交渉もサポートします。

 

もしお困りごとがあればご相談くださいね。 

 

 

\\新サービス開始//

プライベート住宅展示場ツアーサービスを開始しました。

☑展示場には行ってみたいけど営業がイヤ

☑とりあえずサクっとおうちを見てみたい

☑買うかどうか決まってないけどイメージしたい

 

詳細、お申込みはコチラ>>>

\個別相談も実施中/

 

☑勉強会は行ったが、そのままになってる!

☑一回おうちのこと整理したい。

☑勉強会では聞きにくい。

☑我が家の話を聞いてほしい。

 

あなたの考えを住宅購入診断士がしっかりお聞きします。(初回無料)

 

ママだけでも、

夫婦でも、

子連れでもOK。

一度おうちのこと住宅購入診断士とお話してみませんか?

 

→開催詳細はコチラ>>>

 

 

\You Tube チャンネル開設/

 

おうちの買い方相談室 大阪堺店YouTubeチャンネルできました!

▼おうちの買い方相談室動画はコチラ▼