· 

借りれる金額?返せる金額?

 

住宅展示場やモデルルームに足を運んだことはありますか?

 

豪華でステキな間取りに外観。

 

気持ちが高ぶり、家が欲しくなります。

 

「私たちもこんな家購入できるのかしら?」

 

そんな時、営業さんが

 

「あなたの年収なら4000万円借りることができます!」

 

 

年収からどうやって借りれる金額を出してるの?


まず、年収とは源泉徴収票の「支払金額」欄に記載された金額のことです。

 

 

 

▲年末に向けて会社から支給されます!

 

 

年収から住宅ローンが重荷にならないよう、借りれる金額「返済負担率(返済比率)」の基準があります。

 

この基準は金融機関や住宅ローンの種類によって異なりますが、おおむね30~35%程度となっています。

 

 

 

例えば、

 

年収500万円(その他借入無し)と想定すると、

 

500万円×35%=175万円

 

175万円が年間返済額の上限となります。

 

一か月に換算すると、

 

175万円÷12か月=145,000円 (1,000円未満端数切捨て)

 

が毎月返済額の上限になります。

貸出金利ではなく、審査金利で計算


 

どの金融機関でも、審査のための金利(審査金利)を設けているのが一般的です。

 

返済途中で金利が上がった時に返済が滞らないよう、

 

金融機関がリスクヘッジのため貸出金利より高めに設定されてます。

 

審査金利は公表されていませんが、おおよそ3〜4%が相場と言われています。

 

 

年収500万円なら3200~3700万円程度の住宅ローン借入が可能になります。

 

 

仮に3700万円を借りたらどうなる?


 

住宅ローンの審査が通って、年収500万円の方が3700万円借りたとしましょう。

 

実際借りる際は、審査金利ではなく、貸出金利が適用されます。

 

 

▲元利均等返済とする

 

上記条件でいくと、

 

月々の返済は97,690円です。

 

 

ちょっと待って!


さきほどサラッと書きました。

 

返済途中で金利が上がった時に返済が滞らないよう、金融機関がリスクヘッジのため貸出金利より高めに設定しています。

 

逆を言えば、今は低金利だけど、

 

3%、4%に金利が上昇しても、ちゃんと払えるようには設定してますよということ。

 

変動金利で借りた住宅ローン返済が当初97,690円の支払いだったのが、

 

将来的に145,000円になる可能性もあることを示唆してます。

 

だからこそ大切!住宅適正予算


同じ年収で、借りれる金額は一緒だったとしても、

 

子どもいる?いない?

 

1人?2人?

 

共働き?パート?専業主婦?

 

それぞれのご家庭ごとによって、返せる金額は違います。

 

 

しっかりとライフプランから住宅適正予算を算出しましょう。 

 

おうちの買い方相談室 大阪堺店では、

 

住宅ローン適正予算をご家庭ごとにしっかり立てた上で、おうちづくりをスタートします。

 

家は≪買って終わり≫ではなく、≪買ってからがスタート≫です!

 

住宅ローン完済まで、おうちの買い方相談室 大阪堺店はトータルサポートさせていただきます。

 

 

 

何かあればいつでもご連絡ください。

 

\\新サービス開始//

プライベート住宅展示場ツアーサービスを開始しました。

☑展示場には行ってみたいけど営業がイヤ

☑とりあえずサクっとおうちを見てみたい

☑買うかどうか決まってないけどイメージしたい

 

詳細、お申込みはコチラ>>>

\個別相談も実施中/

 

おうちの話をきいてほしい窓口(初回無料)です!

 

☑勉強会は行ったが、そのままになってる!

☑一回おうちのこと整理したい。

☑我が家の話を聞いてほしい。

 

あなたの考えを、住宅購入診断士がしっかりお聞きします。(初回無料)

 

ママだけでも、

夫婦でも、

子連れでもOK。

一度おうちのこと住宅購入診断士とお話してみませんか?

 

→開催詳細はコチラ>>>

 

 

\You Tube チャンネル開設/

 

おうちの買い方相談室 大阪堺店YouTubeチャンネルできました!

▼おうちの買い方相談室動画はコチラ▼