· 

夫婦2人で組む住宅ローンの種類についてカンタン解説!

夫婦2人で借りる住宅ローンは3種類あります。

  1. ペアローン
  2. 連帯保証型の住宅ローン 
  3. 連帯債務型の住宅ローン

 

1つずつみていきましょう。

1.ペアローン


 

夫と妻の計2本、住宅ローンを契約をする方法。

同一金融機関で借り、金額や借入期間はそれぞれ個別に決めることが可能。

 

夫婦がお互いに連帯保証人に。

 

※連帯保証人とは?

相手が住宅ローンが払えないといった場合、代わって支払いをしなければいけない。

「相手に請求して」

「相手の財産を差し押さえて」

 

など言って免れることはできない。

 

 

メリット

・住宅ローン控除、すまい給付金を2人で受けることができる

住宅ローン控除についてはコチラ>>>

すまい給付金についてはコチラ>>>

 

注意点

・2人で住宅ローンを組むので単独で組む時と比べ、事務コストが2倍かかる。

・万が一の場合、相手の分は団体信用生命保険が適用されるが、自分の住宅ローンは払い続けなければいけない。

団体信用生命保険についてはコチラ>>>

 

 

2.連帯保証型の住宅ローン 


収入を合算し、妻の返済能力も考慮して、借入額が増やすことができます。

 

 

メリット

・主債務者(夫)が万が一の場合、団体信用生命保険が適用され、残っているすべての住宅ローン債務を保険金により支払われる。

 

注意点

・住宅ローンが滞った場合、連帯保証人(妻)に債務が生じる。

・住宅ローン控除、すまい給付金の対象となるのは主債務者(夫)のみ。

・連帯保証人(妻)が万が一の場合は、返済はそのまま継続。

 

 

3.連帯債務型の住宅ローン 


連帯保証型と同様に、夫婦2人で収入合算をして借りることができます。

ただし、 連帯債務者(妻)は、主債務者(夫)と同等返済義務を負います。

例)

 3000万円の住宅ローンの借入れ

夫の債務3000万円、妻の債務3000万円 

 

 

メリット

・夫婦それぞれが持ち分、住宅ローン負担額に応じて住宅ローン控除、すまい給付金の対象。

・住宅ローン契約は1本のため、事務コストは1人で住宅ローン組む際と同じ。

 

注意点

・連帯債務型の住宅ローンが非常に少ない。

・団体信用生命保険は通常、主債権者(夫)しか加入できない。

(住宅ローンの商品によっては夫婦2人とも団体信用生命保険に加入可能)

我が家はどれを選べばいい?


 

ポイントは3つです。

 

1.長期的な視点

夫婦ともに働き続けるかどうかの意思を確認する必要があります。

 

2.どちらがいくら住宅ローンを組むか

今後の収入推移、住宅ローン控除を考慮し、住宅ローン負担割合を考えましょう。

 

また、住宅ローンの負担割合と住宅持ち分割合(所有権割合)を考えなければいけません。

違っていると、一方からもう一方に経済的な利益の供与があったとみなされ、贈与税がかかることも。

 

3.リスク管理

夫が万が一の際、妻自身の住宅ローンが残ったり、

夫側も、妻に万が一のことがあれば、自分の住宅ローンを返しながら子育てなどを1人で行う可能性もあります。

共働きだからこそ、リスク管理はしっかり考えておく必要があります。

まとめ


夫婦共働きの場合、住宅ローンの種類もたくさんあり、選び方がとても重要です。

 

 一生の買い物です。

 

しっかりと考え、整理した上で住宅購入しましょう。

 

自分たちだけでは中々整理が難しい!という方。

 

まずは、おうちの話を聞いてほしい窓口(初回無料)でお話聞かせてくださいね。

 

\個別相談実施中/

 

☑勉強会は行ったが、そのままになってる!

☑一回おうちのこと整理したい。

☑勉強会では聞きにくい。

☑我が家の話を聞いてほしい。

 

あなたの考えを住宅購入診断士がしっかりお聞きします。(初回無料)

 

ママだけでも、

夫婦でも、

子連れでもOK。

一度おうちのこと住宅購入診断士とお話してみませんか?

 

→開催詳細はコチラ>>>

\\新サービス開始//

プライベート住宅展示場ツアーサービスを開始しました。

☑展示場には行ってみたいけど営業がイヤ

☑とりあえずサクっとおうちを見てみたい

☑買うかどうか決まってないけどイメージしたい

 

詳細、お申込みはコチラ>>>

\You Tube チャンネル開設/

 

おうちの買い方相談室 大阪堺店YouTubeチャンネルできました!

 

▼おうちの買い方相談室動画はコチラ▼