· 

住宅価格高騰のカラクリ事情

家の価格はなぜ上がり続ける?

 

まずは、住宅業界の背景からみていきましょう。

 

今から40年前、1980年代の新規住宅着工件数は約160万戸でした。

 

しかし、少子高齢化による人口減少に伴い、令和2年の新設住宅着工戸数は、約82万戸に減少しました。

国土交通省「建築着工統計調査報告」

 

家高い

 

単純に考えると、住宅メーカーの売上はどんどん減ってきているはずです。

 

しかし、住宅メーカーは、市場が縮小する環境の中でも売上を維持し、伸ばすため、1戸あたりの販売単価を上げていく必要に迫られました。

家を高価格で売るための秘策

 

Ⅰ.高性能の商品開発

 

住宅の販売単価を引き上げるための方法として、住宅メーカーは高性能の商品の開発をしています。

 

十分な耐震性を兼ね備えた家や、高機密高断熱の家等、新商品の研究や開発、改良を日々行っています。

 

しかしながら、こういった家はどうしても高くなりがちです。

 

どこまでが必要なスペックなのか、予算オーバーしてまで必要なスペックなのか。

 

しっかり考える必要があります。

 

家予算

Ⅱ.最高の家を最高の予算で建てる

 

担当者のミッションは、「お客様の希望する家を提案し、売ること」です。

 

つまり、住宅ローンの借入れできる範囲で、あの手この手で希望する最高の家を提案してくれます。

 

当然のことながら、仮に住宅ローンが4000万円借入れ可能な方であれば、4000万円めいっぱいで最高の家の提案をしてくれます。

 

希望の大きさや間取り、性能を詰め込んだ理想の家であることは確かかもしれません。

 

しかし、担当者は理想の家を建てるゴールですが、あなたは家を建ててからがスタートだと言うことを忘れてはいけません。

 

住宅契約までの道のり

 

担当者は、どれだけ契約が取れるか住宅契約数も求められます。

 

そのため、担当者は最短距離で契約できる方法を考えます。

 

家を建てるまで少なからず、クリアにしなければいけない問題や障害があります。

 

ところが、問題や障害をクリアしてから契約しようとすると、

 

「大変そうだから、もう少し待とう」

 

「他とも相談してみよう」

 

 

 

と、契約が先延ばしになる可能性があるので、とりあえず契約に持っていこうとします。

 

しかし、問題や障害をもったまま契約すると、家を建てざるおえなくなってしまうのです。

 

そうすると、家を建てることが「目的」となってしまいます。

 

その目的のために、どう問題や障害をクリアするかという視点にすり替えられます。

 

家予算

 

本当に大切なことは、まず自分たちがなぜ家が欲しいのかを考えることです。

 

家を買うことによってどのようなメリットがあるかと同時に、どんな問題や障害があるのか。

 

それをクリアしてでも家が欲しいのか、欲しくないのか。

 

それでも、家が欲しいと考えたらと、無理なく買える家の予算を買う前にしっかりと考えましょう。

 

文/草野 まり住宅専門ファイナンシャルプランナー。売る側ではない中立的な立場から家の購入をサポート。家の購入予算を年収から出すのではなく、それぞれの家族に合った無理のない適正予算で購入する提案を行います。

 

あなたにオススメの記事はコチラ

\個別相談実施中/

 

☑︎我が家の無理のない予算は?

 

☑︎無理のない予算からどんな家が最適?一戸建て?マンション?新築?中古?

 

☑︎我が家にあった住宅ローンは? 

 

あなたのためだけの≪話を聞いてほしい窓口≫随時受付しています。

 

おうちのこと住宅専門ファイナンシャルプランナーと整理してみませんか? 

 

家購入

おうちの買い方セミナー毎月開催中

 

 

2022年よりリニューアル!

 

無理のない予算の出し方、住宅ローンの基礎知識、不動産業界の仕組みなど売る側からではない中立的な立ち位置から知識をお伝えしています。

 

おうちのこと住宅専門ファイナンシャルプランナーから勉強してみませんか?

 

※現在、対面、オンライン併用で開催中。

 

おうちの買い方セミナー

住宅購入する前に〜まとめレポートご用意〜

 

住宅購入前に知っておきたい住宅専門ファイナンシャルプランナーによる正しい知識まとめレポートを用意しました。

 

よろしければダウンロードの上、ご活用ください。 

 

また、おうちの買い方セミナー参加前の予習にもお役立てください。

 

家予算

\You Tube チャンネル開設/

 

YouTubeチャンネルできました!おうちの買い方セミナーでの内容を公開中。 

 

▼動画はコチラ▼