· 

固定金利上昇中!?変動から固定への借り換え検討した方がいい?

変動から固定への借り換え検討した方がいい?

 

日本の長期金利が上昇しています。

 

変動金利で家を購入した方は、金利上昇のニュースをみて、

 

もしかしたら金利が上がるかも?

 

と、ドキドキしている方もいるかと思います。

 

変動から固定

なぜ長期金利は上昇した?

 

今回、固定型の住宅ローンの土台となる10年物国債表面利率が引き上げられました。

 

主な理由は、アメリカの急激なインフレと金利上昇の影響です。

 

10年物国債の表面利率引き上げは2015年3月以降7年ぶり

 

現在、固定型の金利が1.5%前後ですが、今後、金利上昇が予想されます。

 

変動から固定

変動金利はどうなってるの?

 

変動型の住宅ローンの土台は、日銀の政策金利に連動する短期プライムレートです。

 

短期プライムレートは、2009年以降、現在まで変動はありません。

 

変動から固定

日本銀行HP短期プライムレート推移より作成

 

ここからどうやって変動金利は決まるの?

 

この短期プライムレートにおよそ1%程度の金利を足したものが、銀行の「基準金利」となっています。

 

基準金利は、銀行によっては「店頭金利」、「店頭表示金利」とも呼びます。

 

その「基準金利」から銀行が「優遇金利」を値引きし、実際の住宅ローンの金利(適用金利)が決まります。

 

固定から変動

 

例えば、基準金利が2.475%、優遇金利が2%であれば、実際に借り入れる際の金利は0.475%となります。

 

適用金利

変動金利は金融機関が優遇、つまり値引きされた金利になっています。

 

つまり、基準金利が上がれば、優遇幅が変わらなくても、適用金利は上昇します。

 

通常、長期金利の方が短期金利に先行して上がるため、これから注意が必要です。

変動金利のおさらい

 

住宅ローンが実行されれば、ローン返済が始まります。

 

変動金利は半年に1回、金利の見直しが行われています。

 

金利の見直しは行っているものの、実際、住宅ローンの返済額が変わるのは5年後です。(5年ルール)

 

つまり、5年間は住宅ローンの返済額は変わりません。

 

 

変動から固定

 

そのため、変動で借入している方は、金利上昇に気づきにくいのが現状です。

 

変動で借りてる方は、金利チェックは必須です。

変動?固定?現在借入している人はどっちが多い?

 

家賃並みの毎月返済額でおうち購入ができるということで、7割近い人が変動で借入れしています。

 

しかし、金利上昇のニュースを受けて、不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

 

変動金利は今後あがっていく?

 

変動で借りてる方は、これからどうなるのか?心配ですよね。

 

通常、長期金利の方が短期金利に先行して上がってしまいます。

 

駆け込みで乗り換えようとしても、そんなにドンピシャでうまく乗り換えできません。

 

乗り換え時間には余裕を持つことが大切です。

 

変動から固定へ借り換えの検討してみませんか?

 

・金利が安いという理由だけで変動金利を選んでしまった。

・金利上昇のニュースをみてドキドキしている。
・元々安定志向のため変動金利は心配。

 

そんな方向けに、住宅ローン借り換えのための基礎知識講座をご用意しました。

 

住宅専門ファイナンシャルプランナーが中立的な立場から、お話しします。

 

まずは、住宅ローンの動向や仕組みをしっかりと理解していただいた上で、借り換えするかどうかご検討ください。

 

変動から固定

 

まずは、住宅ローン借り換えのための正しい基礎知識をおつけください。

 

 

 住宅ローン借り換えのための基礎知識講座
場所

オンライン(zoom)

価格

3000円

支払い方法

Pay Pay・LINE Pay・クレジットカード(paypal)

登壇者

住宅専門ファイナンシャルプランナー 草野 麻里

※詳しくはお申し込み後、ご案内させていただきます。

住宅専門ファイナンシャルプランナーの基礎知識講座を受講をすることで、

 

①|住宅ローンの仕組みを理解し、金利上昇リスクに備えることができます。

 

②|疑問を1つずつ整理しながら、進むことができます。

 

③|やるべきことが明確になります。

 

まずは冷静に住宅ローンについて考えましょう。

 


メモ: * は入力必須項目です

文/草野 まり住宅専門ファイナンシャルプランナー。売る側ではない中立的な立場から家の購入をサポート。家の購入予算を年収から出すのではなく、それぞれの家族に合った無理のない適正予算で購入する提案を行います。

\You Tube チャンネル開設/

 

YouTubeチャンネルできました!おうちの買い方セミナーでの内容を公開中。 

 

▼動画はコチラ▼