· 

家を建てる予算を年収から考えていませんか?

 年収から借りることができる範囲の住宅ローンで、家予算を決めてはいけません。

 

なぜなら、「年収から借りることができる住宅ローン」を元にすると、マイホームでの生活が住宅ローンの支払いに追われる可能性があるからです。

 

家予算

 

本来、マイホームは、家という「箱」ではなく、理想の暮らしができる「場所」のはずです。

 

つまり、マイホームの購入がゴールになってしまってはいけないということです。

本当の理想の暮らしとは?

 

多くの住宅営業担当者は、理想の暮らしを提案してくれることでしょう。

 

例えば、

 

「アイランドキッチンから子どもが走り回る姿を想像してみてください。」

「大きなお風呂でゆっくりと一日の疲れを取れたらどうですか?」

「パントリーがあれば、災害時のストックができます。」

 

住宅展示場

 

想像すると、理想の暮らしのように感じます。

 

しかし、この理想の暮らしはあくまで、お金の心配がなければという条件付きです。

 

住宅営業担当者の提案された理想の暮らしを詰め込んだ結果、

 

年収から借りることができる住宅ローン満額の資金計画書が出てきたらどうですか?

 

ここまできてしまうと、

 

家予算

マイホームを買うことが目的となってしまうのです。

理想とするマイホームのはずが後悔!?

 

実際、マイホーム購入で後悔がある人は約85%という数字も出ています。

(フリエ住まい総研2021調べ)

 

家購入

 後悔しないためにも、どのような資金計画をしていけばいいのでしょうか?

 

マイホーム購入の予算の決め方は、将来きちんと返済できる金額をまず決めることです。

 

つまり、年収から借りることができる住宅ローンの金額ではなく、現在のライフスタイルを元にライフプランを作成することです。

 

そのためには、現在のお金の収支をきちんと把握する必要があります。

 

その上で、将来を含めたライフスタイルと家予算が当てはまるか、すり合わせが必要です。

住宅に含める金額は他にもある!

 

家予算に含まれる範囲は、実は人によってまちまちです。

 

土地と建物だけの金額を指す人もいれば、諸経費を含めた金額を指す人もいます。

 

さらには、家具、家電、カーテン、照明、引越し費用などもかかってきます。

 

資金計画書

 

マイホーム購入までにかかる総費用を想定しておかないと、思っていたよりお金がかかったという結果にもなりかねません。

 

マイホームの総費用を考えた上で、土地や建物の予算配分、それに伴う諸費用がいくらかかるのか決めていくのが本来の手順です。

 

そうすることで、マイホーム購入時に備えておきたい現金がどれくらいかも明確になります。

 

つまり、今のライフスタイルと理想とする生活から逆算して資金計画書を作れば、充実する理想の暮らしが手に入るのです。

 

年収から算出した家予算ではなく、まずはライフプランを作成してから、家づくりを進めましょう!

文/草野 まり住宅専門ファイナンシャルプランナー。売る側ではない中立的な立場から家の購入をサポート。家の購入予算を年収から出すのではなく、それぞれの家族に合った無理のない適正予算で購入する提案を行います。

 

あなたにオススメの記事はコチラ

家予算
家購入価格
家予算

\個別相談実施中/

 

☑︎我が家の無理のない予算は?

 

☑︎無理のない予算からどんな家が最適?一戸建て?マンション?新築?中古?

 

☑︎我が家にあった住宅ローンは? 

 

あなたのためだけの≪話を聞いてほしい窓口≫随時受付しています。

 

おうちのこと住宅専門ファイナンシャルプランナーと整理してみませんか? 

 

家購入

おうちの買い方セミナー毎月開催中

 

 

2022年よりリニューアル!

 

無理のない予算の出し方、住宅ローンの基礎知識、不動産業界の仕組みなど売る側からではない中立的な立ち位置から知識をお伝えしています。

 

おうちのこと住宅専門ファイナンシャルプランナーから勉強してみませんか?

 

※現在、対面、オンライン併用で開催中。

 

おうちの買い方セミナー

住宅購入する前に〜まとめレポートご用意〜

 

住宅購入前に知っておきたい住宅専門ファイナンシャルプランナーによる正しい知識まとめレポートを用意しました。

 

よろしければダウンロードの上、ご活用ください。 

 

また、おうちの買い方セミナー参加前の予習にもお役立てください。

 

家予算

\You Tube チャンネル開設/

 

YouTubeチャンネルできました!おうちの買い方セミナーでの内容を公開中。 

 

▼動画はコチラ▼