· 

平屋(ひらや)という選択


家族構成 四世帯家族
用途 住宅
概要

取り壊しからの注文住宅

延床面積 210㎡(63坪)
場所 堺市
施行 つむぐ家

▼タップすると写真が大きくなります▼

そもそも平屋とは?


簡単にいうと、一階建の家です。

 

階段がなく、全ての部屋が一階に配置されます。

 

マンションの一室が戸建てになったようなイメージです。

 

 ワンフロアで広々とした空間で家族が過ごせます。

平屋のメリット


❶バリアフリー

平屋は階段がないため、子どもや高齢者に優しいバリアフリーな住まいです。

 

❷掃除・洗濯がしやすい

生活・家事導線がスムーズ。1階で洗濯機を回し、2階のベランダに干す作業もありません。

 

❸間取りの自由度が高い

2階を支えるための壁や柱も不要なため、間取りの自由度も高いのが特徴です。

平屋ならではのゆったりとした間取りが可能。

 

❹メンテナンス費用を抑えやすい

外壁の修繕時、平屋は2階部分がないので、大がかりな足場を組む必要がありません。

2階建てと比べてメンテナンス費用を抑えられる傾向があります。

 

❺耐震性アップ

1階のみで、高さが低く構造的に安定するため、耐震性がアップします。

 

▲平屋は振動の力が分散されやすく、高さがないため揺れにくい。

平屋のデメリット


❶広い敷地が必要

2階建てと同じ延床面積(のべゆかめんせき)の家を建てるなら、敷地の広さは単純に2倍必要です。

建ぺい率(敷地面積に対する建築面積の割合)も考慮しなければいけません。

 

※建ぺい率って?

【土地探しのコツ②】土地の大きさだけ見てはダメ!≫コラムをご覧ください。

 

❷日当たりや風通し

中心部分の部屋は日当たりや風通しが悪くなりがちなため、設計上の工夫が必要です。

 

❸プライバシー

一階建ての居住空間は、外からの視線が届きやすいため、間取りの工夫を考える必要があります。

 

❹防犯面

1階部分に窓が多いため、屋外への出入口が増えます。

そのため、防犯面に配慮する必要があります。

 

❺工事費用が高くなりがち

地盤と建物をつなぐ重要なパイプ役となる「基礎」と「屋根の面積」が単純計算で2倍

その分工事費用が高くなり、坪単価は2階建てよりも高くなる傾向があります。

 

 

▲屋根も基礎も2倍サイズ!

土地の広さと環境


土地の立地条件、周辺環境に応じて、平屋が適しているか、2階建て、3階建て住宅が適しているか、概ね決まります。

▲周りが2階建て、3階建てだと圧迫感が。

 

ただ、土地の個性を生かした家づくりは設計次第。

 

 

住宅メーカー、工務店の腕の見せどころです。

 

今回は、すでにお持ちの土地があり、ご高齢のお祖母様との同居もあり、平屋を選択しました。

 

他世帯と同居≪単世帯から二世帯へ≫コラムはコチラ>>>

 

家事・生活動線がスムーズで、とても過ごしやすいおうちに仕上がりました。

まずはイメージしてみませんか?


▶︎ハウスメーカーの家を見てみたい

工務店に話を聞いてみたい

中古マンションがみてみたい

土地を探したい

 

ご要望があれば、ご意向を聞いた上で、ご案内可能です。

 

おうちの話を聞いてほしい窓口≪初回無料≫へお問い合わせください。

 

おうちの買い方相談室公式LINEからも受け付けています。

 

1対1の会話はほかの人に見られたり公開されたりしませんので、お気軽にご連絡くださいね。

 

▼いつ買おうか?迷っている方向けコラム▼

▼注文住宅を視野に入れている方向けコラム▼

▼マンションを視野に入れている方向けコラム▼